• 出題のトレンド

    回はタイトルの内容について書きます。この段落では大学受験で出題される英語に焦点を

  • 出題傾向について

    回は今回は大学受験における英語の重要性について書いていきますが、この段落では、特

講師

大学受験における英語能力の要求は段々と実用的なレベルへと向かっていっています。
センター試験にリスニングが取り入れられたのも比較的最近のことではありますが、読み書きと基本としたシステムから聞くという観点を導入した改革であると言えます。
現代社会において必要とされるスキルは読み書きよりも聞くや話すという能力であるため、その能力の高い人材が入学時点でも求められるように変遷を遂げて行くことでしょう。
しかし、実際問題としてスピーキングの能力をはかるというのは難しく、実現可能なのはリスニングまでである可能性が高いでしょう。
しかし、推薦入試という形でスピーキング能力のある人がその力を発揮できる場が生まれるかもしれません。

正確さに注意

実際に英語の受験対策をしていく上で注意しなければならないのは、スピーキングやリスニングが重視される世の中になっているとはいえ、問題自体は基本的には読み書きがベースになっているということです。
英会話学校などに通って英会話能力に秀でるようになったとしても、その会話に使われている言葉をそのまま利用してしまうと減点対象になってしまいかねません。
コミュニケーション能力としての英会話は多少のミスがあっても意思疎通が達成されれば構わないという側面がありますが、正しく読み書きをするという視点からはたとえ意味が通じなくはないということが解答用紙に記載されていても文法や語法に誤りがあると解答としては誤りとせざるをえないのです。

英会話の活用

英会話を学んだことが基本的な大学受験の問題についてマイナスに働いてしまう可能性が懸念されます。
しかし、それは文法や語法の厳密性が必要とされる問題にのみであり、自由度の高い解答が要求される場面においては英会話の英語がプラスに働くことも多々あります。
例えば、自由英作文の問題においては文法の厳密性もじゅうようになりますが、意図していることが通じる文章を書けるということがさらに重要になります。
確かに文法の誤りが減点対象になるかもしれませんが、主張がしっかりと伝わる文章になっていればそれだけ好印象を与えることができるのは言うまでもありません。
英会話を学んでいるとそういう分の組み立てにも慣れるのでプラスに働くことは間違いないのです。

オススメリンク

出題傾向について

今回は今回は大学受験における英語の重要性について書いていきま…Read more

関連リンク

最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー